今年もあと少し、今日は障害者雇用について(真面目)

お久しぶりです。

9月から怒涛の日々を過ごしています。

行政における障害者雇用の問題が最近話題になっていましたね。

そこで、少し固い話をしたいなと。

 

日本において障害者や難病当事者にかかわる法律について

少し調べました。

今回、問題になったのは「障害者雇用促進法」

障害を持った人たちの働く機会を社会にふたすための法律です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この法律は、障害者の雇用義務等に基づく雇用の促進等のための措置、雇用の分野における障害者と障害者でない者との均等な機会及び待遇の確保並びに障害者がその有する能力を有効に発揮することができるようにするための措置、職業リハビリテーションの措置その他障害者がその能力に適合する職業に就くこと等を通じてその職業生活において自立することを促進するための措置を総合的に講じ、もって障害者の職業の安定を図ることを目的とする(第1条)Wikipediaより

で、この法律の対象者が決まっており下記のようになっているんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本法において「障害者」とは、身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む)その他の心身の機能の障害があるため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、又は職業生活を営むことが著しく困難な者をいう(第2条)。「対象障害者」とは、身体障害者、知的障害者、精神障害者(精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者に限る)をいう(第37条2項)Wikipediaより

 

えっ、ちょっと待って、、、、

 

身体も知的も精神も障害者手帳の交付を受けている方に限るんです。でも法律の目的には「障害者と障害者でない者との均等な機会及び待遇の確保並びに障害者がその有する能力を有効に発揮することができるようにするため」とあり、

かつ対象者についても「その他の心身の機能の障害があるため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、又は職業生活を営むことが著しく困難な者」としています。

 

要は、満員電車にのって通勤して一日8時間週5日の勤務が難しかったり、車いすの利用によって移動や利用施設に制限がある人たちを労働者として均等に機会を社会が持つことが当たり前だよね。。。ということです。

 

雇用促進の対象者に制限をしないと、例えば「花粉症」の方などを法定雇用率を満たしてます!!という会社がでてくるかもしれないから、対象者を明確化したのかもしれません。

ですが、そのおかけで障害者手帳の交付がない方は法定雇用にはいらないので社会が積極的に雇用をしようという風には現在はなっていません。

 

なんか、そこを変えていきたいなと思う年末なんです。

 

つづきは、また次回。

 

20181216

星野勝太

 

 

LIVESTOKYO2018でド緊張

ド緊張しました。

 

 

何が?

 

9月16日に東京ミッドタウンでNPO法人HansON東京様主催の

LIVESTOKYO2018に参加してきたんです。

 

約200人の方に向けワークショップをしてきました。

なんとかなる~なんで気軽な気持ちでいたのですが

前に立ってお話を始めると

あーーー

緊張で声震え、早口になり

と言いったことで

ド緊張

してきました。

ワークショップの詳細は次回のブログで書きます!!

 

星野勝太

選択肢

大変お久しぶりのブログ

こんにちは

 

先日、お友達が主催している会議に参加したのを切っ掛けにブログを書きたくなりました。

 

でね、その会議の名前は

「nono2020会議」

一般社団法人障害攻略課が主催する社会にある障害(社会障害)を皆で楽しく攻略して行こぜ!!!といった会議です。

今回の議題は【乗り物編】

障害を抱ながら社会活動していく中で欠かせないものにひとつ。

 

その中の意見で「エスカレーターの右寄り、左よりルールは無くしたい!!人によっては右側しかもしくは左側しか掴まれない人もいるから!!」

おーーー!!そーだ!ソーダ!!

と思いつつも心の片隅に引っ掛かっていました。

なぜか?んーー。

だって、片方に寄ってると開いてるスペースでスイスイ行きたい時ありますよね。それって便利なので否定したくないんです。だとしたら、どうしたものか?

じゃあ、なにがエスカレーターで逆サイドにいた時に困るのか。

〇逆サイドにいる人 ⇒ 周りの視線と後ろからのプレッシャー

〇後ろから駆け上がる人 ⇒ 急ぎたいのに急げない

でね、これの解決策を考えるときに思い出した言葉がありまして、東大先端技術研究所熊谷教授の

「自立とは依存先を増やすこと」

という言葉。私は社会障害分野においては、

「依存先を増やす⇒選択肢を増やすこと」

と捉えています。(実際、熊谷先生もそう言ってますね。)

 

そんな、こんなでエスカレーターの話。

 

まず、逆サイドにしか掴まれない人の選択肢

⇒エレベーター〇、エスカレーター〇、階段×もしくは△

急いでいる人の選択肢

⇒エレベーター〇、エスカレーター〇、階段〇

あれ、急いでいる人は他にも選択肢があるぞ!!!

 

って、ことで私が考えた解決策。エスカレーターでの片側寄りは

・基本は片側に寄っててもいいんじゃない。

(=脇を通り抜けてもいいかもね)

・逆サイドも全然止まってもいい。

・通り抜け出来なくてもイライラしない。

(←だって、他に選択肢あるから!!)

 

ここで、イライラしないって大事だなあって思うんです。

まずは、自分が他の人より選択肢を持っている事に気付く。

そうすると、イライラが少しは無くなっていくのではないのかと。

 

そんなことを思う日曜日です。

 

 

20190902

星野勝太

「トイレは建具が命」

2020東京オリンピックパラリンピックまであと2年、あっという間ですね。

東京では、そんなこともあり多目的トイレの設置が増えてきています。

増えることはとてもいい事なのですが、増えると同時に少しずつ課題も感じています。

 

ところで多目的トイレとはなんでしょう。とある自治体のホームページにおいて

 

*********************************

多目的(多機能)トイレとは、車いす使用者が利用できる広さや手すりなどに加えて、オスト メイト対応の設備、おむつ替えシート、ベビーチェアなどを備えることで、車いす使用者だけで なく、高齢者、内部障がい者、子ども連れなどの多様な人が利用可能としたトイレのことです。

*********************************

 

と書いてあります。少し前だとバリアフリートイレ、車いす用トイレと言われていた感じのトイレです。そこにオストメイト、おむつ替えベッド等を設置し様々な人が利用をできるようにと考えられた問トイレのことです。

 

東京都では「東京都福祉のまちづくり条例」において、ある一定規模の施設(建物)を建設するときには多目的トイレまたは車いす用トイレを設置しないといけないとしています。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kiban/machizukuri/manu26/manu26.files/manu2014-05-01.pdf

 

そのため、コンビニのトイレが多目的トイレになっていたり、飲食店にも多目的トイレが設置してあったりトイレの設置数はとても増えていると実感しています。

 

さて、表題の「トイレは建具が命」。

 

建具という言葉、大半の方は聞きなれないと思います。建具とは扉、窓などのことをいいます。トイレにおける建具とは扉のことですね。特にトイレの個室における扉の重要性はとても大きいものと考えます。

 

先日、友人と渋谷にあるCAFÉに行きました。友人は難病を抱えていて車いすを利用しています。そのために行動する先のトイレについてもある程度調べて行動をしているそうです。そしてそのお店には多目的トイレがあることがわかっていました。

 

さて、そこで問題が発生したのです。CAFÉで打ち合わせのあと友人はトイレに行きました。でも直ぐに出てきたのです。それはなぜか?

 

扉の鍵が閉められない。

 

多目的トイレに入り扉を閉め、鍵をかけようとしたときに

鍵の位置が高く手が届かなかったそうです。

 

鍵の位置を確認したところ成人男性のお腹の位置です。

車いすユーザーであれば胸元の高さ。

 

あれ?そんなに高くないね?そう思いませんか。

 

そうです。手を伸ばせば届く高さです。

ただ、友人は難病を抱えて車いすを利用しています。そして手を挙げることが困難だったのです。ひとによっては胸の位置まで手を挙げることが難しい方もいます。

 

多目的トイレの標準配置には扉のサイズ、鍵の位置などきっちりと書いてあります。

でも、すべてのトイレが標準図通りに設置できる訳ではないですよね。

 

だからこそ、誰が使うのか。どのようのことが出来て、どのようなことが出来ないのかを想像する必要があると思います。

 

2018.05.04

星野 勝太

THINK UNIVERSALかるた

血液型はB型です。

星野です。

昨年末からブログ更新してませんでした。

書きたいことはいっぱいあるのですが

ブログに飽きたり、飽きなかったり

 

はい。心改めます。

 

そして今日は何かこうかなと思ったところ

実は昨年末にかるーい気持ちでFBではじめた

「Think Universalかるた」をまとめてみようかなと。

それではどうぞ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あ あたなは、あなた 私は、わたし

い いろんな人がいるものだ。

う うまれて、よかった。

え 笑顔になれないときもある

お オストメイトってなんですか?

か 身体は不自由 心は自由 逆もまた然り

き 君はひとりじゃ無い。だから、、、

く くしゃみだって、いち大事!

け 健康じゃなくても、元気

こ こっち!こっち!えっ!どっち?

さ 咲かない花もある

し しょうがないでは、済まさない。

す 好きになんだから、しょうがない。

せ 世界はひろい!だから、いろいろあっていい!

そ そーだ!愛なんだ!愛!

た 助けるより、手伝う。その方が僕は好き。

ち ちがう事が、面白い。

つ つよさより、やさしさを

て テレパシーもユニバーサル?

と トイレに愛を!

な なんてことは無い、ただ違うだけ。

に 日本とNippon どこか違うの?

ぬ 温もりを大事にしたい

ね 寝ながら仕事。何が悪い?

の ノーマルとアブノーマル 境界線なんてない。

は はじまり さあ、はじめよう

ひ 一人より、二人 二人より、たくさん

ふ 普通ってなんだ?

へ 変態ここに現る!ところで、誰だって変態じゃない?

ほ 本当より本音

ま まさか、、、自分が、、、

み 見た目で判断しない。

む 無理から始まる

め 面倒だと思うことが、進化のはじまり

も 問題なのはいつも、ハードよりソフト

や やさしく やさしく やさしく

ゆ ユニバーサルって何だ?

よ よかれと思って、、、誰にとってよかれなの?

ら ライフプランに無いことが!そんな時、あなたならどうする?

り 理解より、思い合い

る ルールよりストーリー

れ レスキューよりサポート、サポートより、、、

ろ 老、聾、労

わ 笑いに人が集う

を ヲタ、、、新しい言葉

ん んだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

実はこのかるた

自分の投稿とコメント合わせると

245

もあるのです。すごいですね。

そして毎日どうしようもない投稿にお付き合いして頂いた

皆さまには本当に感謝です。

 

途中でなに言ってるかよくわからない時もありますが

それも味かとおもいます。

 

今年も皆さま

 

よろしくお願いします。

 

20180429

星野勝太

ありがとうございます!

今日は大晦日!
今年は紅白見てます。
さて、一年を振り返ると
自覚の年だったのかも
なんちゃって理事長をダラダラと

続けていたのですが
いろいろなことを初め

いろいろな方と出会い

いろいろな事を思う

事で自分の立場や責任を

すこーーーしばかり

自覚したのかと。

(少ーーーーしよ。少し)
そして何より

昔からの仲間

新しく仲間
僕のユルユルな感じを

受け止めてくれて
ありがとうございます!
来年もゆるーく行きます!

でも
やることはやります!

以上!
20171231

星野勝太

怒濤の年末!

メリークリスマス!
サンタさんがまだ来ない。

いつになったら来るのかな?

もう待ち続けるて早何十年。。。。
よい子の所には来ると言ってたのに、、、

そんなこんなでもう後一週間もしたら新年なんですね!

いやー12月はいそがしかった!
でも、その分沢山考えたし、

沢山で会えたし

沢山愚痴った!
おかげで、沢山の「知る」に出逢えた!

そして、それとともに

今の

「足る」

に気付いた。
まだまだ、課題は満載だし

全然大人になれてないけれども
充実した一年だったと思う。
多分、来年は、より充実する!
もう、分かってる!

20171224
星野勝太

「ドキドキ と ありがとう」

こんにちは。

 

年末って感じで街中が騒がしくなってきましたね。

師走。

 

そんな中、たくさんの新しい出会いがあり

沢山の勉強があます。

 

皆さんのお話を聞いていると

それぞれの届けたいと考えているものがある。

 

それが、すーーーと入ってくるか

モヤモヤしながら消化していくのか

それは受け取った人それぞれの

受け取り方がある。

 

そして、

 

じゃあ、僕はみんなに

何を届けたいのか?届けるのか。

 

それは、

「ドキドキ と ありがとう」

 

昨日、寝る前に布団の中で目をつぶって

意識もなくなり、吐息がスース―している中思いつきました。

 

 

ドキドキは・・・

・新し事に出会うことへのドキドキ

・出会ったこと無い事への不安のドキドキ

・ちょっと楽しそうかものドキドキ

・ちょっと、星野さんカッコイイかも!のドキドキ(これを一番届けたい!)

 

ありがとうは・・・

・両育の根源であるお互いに学び合うことへのありがとう

・新しい出会いへのありがとう

・そのありがとうが日々のありがとうになるように

 

 

 

と、そんな感じで昨日は寝てました。

 

それではチャオ!

 

20171216

 

星野勝太

 

 

 

 

Don’t think. Feel!

こんばんは。

 

そして、お久しぶり。ぶり。

 

やっぱり、何かを始めると、何かをやらなくなる

典型的なB型人間の星野です。

 

先日、都内の幼稚園にダンスをしに行きました。

実は僕ダンサーなんです。

 

嘘です。

 

実は、ダンスファシリテーターのくはのゆきこさんの

ワークショップである「記号カラダンス」を幼稚園でやることになったので

一緒に楽しんできました。

 

そして相手はなんと150人

(のクソガキども、、、いやガキども、、、いやお子様)

 

楽しかったです。子供たちが一生懸命

踊ったり、止まったり、叫んだり、はしゃいだり

で、なぜ私が一緒に行ったのかというと

実はこれは東京都が実施しているオリパラ教育というものの一つで

来る2020年に向けて東京都では障害や国籍の壁を越えた応援をするぞーー!

と言って障害理解のプログラムや運動啓発、国際理解のプログラムがあるのです。

 

そして、なんと両育わーるどでも

くはのさんのお力をかり

「記号カラダンス」をプログラム提供しているのです。

 

そこで感じたことを今日は書こうとおもいました。

 

子供たちってとても素直

なので無自覚に恐怖を感じたり、安心を感じたりしてる。

 

じつは、記号カラダンスの今回のプログラムではスタッフの中に車いすユーザーが二人もいました。

 

子供たちは興味深々。

 

でも、その興味は車いすに向かってる。

(車いすカッコイイ。タイヤ触りたい。レバ―動かしたら動くのかな?)

 

そう、とっても気持ちに素直なの。

 

だから、その後お昼ご飯を一緒に食べ終わったころには

興味は車いすよりも車いすに乗っている本人たちに向かってる。

 

 

その素直さがとっても素敵。

 

Think Universalというプロジェクトをやっている人が言うことではないけれども

 

ほんとにDon’t think. Feel!って思う今日この頃。

 

 

20171209

 

星野勝太

毎日が戦争

こんばんは

 

Facebookで

Think Universalカルタなるものを

調子にのって始めてみたおかげで

 

ブログの更新を怠っています。

 

どうせ、そんな人間です。僕は。

 

 

でも、、今日はブログな気分。

僕は毎日電車に乗ります。

朝早く、夜はほどほどの時間に

 

でも、都心から郊外に向かって乗車しているので

あまりラッシュは巡り合いません。でも、でも

 

電車に乗っていると毎日が戦争みたいな

すごーーく怖い顔している人達に会います。

 

扉が開けばダッシュ!

開いてる席にダイブ!

扉が開けばダッシュ!

階段駆け上がりクライム!

 

なんでそんなに怖いフェイス!

 

深呼吸する時間があるといいなと思う。

 

 

20171204

 

星野勝太