今年もあと少し、今日は障害者雇用について(真面目)

お久しぶりです。

9月から怒涛の日々を過ごしています。

行政における障害者雇用の問題が最近話題になっていましたね。

そこで、少し固い話をしたいなと。

 

日本において障害者や難病当事者にかかわる法律について

少し調べました。

今回、問題になったのは「障害者雇用促進法」

障害を持った人たちの働く機会を社会にふたすための法律です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この法律は、障害者の雇用義務等に基づく雇用の促進等のための措置、雇用の分野における障害者と障害者でない者との均等な機会及び待遇の確保並びに障害者がその有する能力を有効に発揮することができるようにするための措置、職業リハビリテーションの措置その他障害者がその能力に適合する職業に就くこと等を通じてその職業生活において自立することを促進するための措置を総合的に講じ、もって障害者の職業の安定を図ることを目的とする(第1条)Wikipediaより

で、この法律の対象者が決まっており下記のようになっているんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本法において「障害者」とは、身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む)その他の心身の機能の障害があるため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、又は職業生活を営むことが著しく困難な者をいう(第2条)。「対象障害者」とは、身体障害者、知的障害者、精神障害者(精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者に限る)をいう(第37条2項)Wikipediaより

 

えっ、ちょっと待って、、、、

 

身体も知的も精神も障害者手帳の交付を受けている方に限るんです。でも法律の目的には「障害者と障害者でない者との均等な機会及び待遇の確保並びに障害者がその有する能力を有効に発揮することができるようにするため」とあり、

かつ対象者についても「その他の心身の機能の障害があるため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、又は職業生活を営むことが著しく困難な者」としています。

 

要は、満員電車にのって通勤して一日8時間週5日の勤務が難しかったり、車いすの利用によって移動や利用施設に制限がある人たちを労働者として均等に機会を社会が持つことが当たり前だよね。。。ということです。

 

雇用促進の対象者に制限をしないと、例えば「花粉症」の方などを法定雇用率を満たしてます!!という会社がでてくるかもしれないから、対象者を明確化したのかもしれません。

ですが、そのおかけで障害者手帳の交付がない方は法定雇用にはいらないので社会が積極的に雇用をしようという風には現在はなっていません。

 

なんか、そこを変えていきたいなと思う年末なんです。

 

つづきは、また次回。

 

20181216

星野勝太

 

 

選択肢

大変お久しぶりのブログ

こんにちは

 

先日、お友達が主催している会議に参加したのを切っ掛けにブログを書きたくなりました。

 

でね、その会議の名前は

「nono2020会議」

一般社団法人障害攻略課が主催する社会にある障害(社会障害)を皆で楽しく攻略して行こぜ!!!といった会議です。

今回の議題は【乗り物編】

障害を抱ながら社会活動していく中で欠かせないものにひとつ。

 

その中の意見で「エスカレーターの右寄り、左よりルールは無くしたい!!人によっては右側しかもしくは左側しか掴まれない人もいるから!!」

おーーー!!そーだ!ソーダ!!

と思いつつも心の片隅に引っ掛かっていました。

なぜか?んーー。

だって、片方に寄ってると開いてるスペースでスイスイ行きたい時ありますよね。それって便利なので否定したくないんです。だとしたら、どうしたものか?

じゃあ、なにがエスカレーターで逆サイドにいた時に困るのか。

〇逆サイドにいる人 ⇒ 周りの視線と後ろからのプレッシャー

〇後ろから駆け上がる人 ⇒ 急ぎたいのに急げない

でね、これの解決策を考えるときに思い出した言葉がありまして、東大先端技術研究所熊谷教授の

「自立とは依存先を増やすこと」

という言葉。私は社会障害分野においては、

「依存先を増やす⇒選択肢を増やすこと」

と捉えています。(実際、熊谷先生もそう言ってますね。)

 

そんな、こんなでエスカレーターの話。

 

まず、逆サイドにしか掴まれない人の選択肢

⇒エレベーター〇、エスカレーター〇、階段×もしくは△

急いでいる人の選択肢

⇒エレベーター〇、エスカレーター〇、階段〇

あれ、急いでいる人は他にも選択肢があるぞ!!!

 

って、ことで私が考えた解決策。エスカレーターでの片側寄りは

・基本は片側に寄っててもいいんじゃない。

(=脇を通り抜けてもいいかもね)

・逆サイドも全然止まってもいい。

・通り抜け出来なくてもイライラしない。

(←だって、他に選択肢あるから!!)

 

ここで、イライラしないって大事だなあって思うんです。

まずは、自分が他の人より選択肢を持っている事に気付く。

そうすると、イライラが少しは無くなっていくのではないのかと。

 

そんなことを思う日曜日です。

 

 

20190902

星野勝太

「ドキドキ と ありがとう」

こんにちは。

 

年末って感じで街中が騒がしくなってきましたね。

師走。

 

そんな中、たくさんの新しい出会いがあり

沢山の勉強があます。

 

皆さんのお話を聞いていると

それぞれの届けたいと考えているものがある。

 

それが、すーーーと入ってくるか

モヤモヤしながら消化していくのか

それは受け取った人それぞれの

受け取り方がある。

 

そして、

 

じゃあ、僕はみんなに

何を届けたいのか?届けるのか。

 

それは、

「ドキドキ と ありがとう」

 

昨日、寝る前に布団の中で目をつぶって

意識もなくなり、吐息がスース―している中思いつきました。

 

 

ドキドキは・・・

・新し事に出会うことへのドキドキ

・出会ったこと無い事への不安のドキドキ

・ちょっと楽しそうかものドキドキ

・ちょっと、星野さんカッコイイかも!のドキドキ(これを一番届けたい!)

 

ありがとうは・・・

・両育の根源であるお互いに学び合うことへのありがとう

・新しい出会いへのありがとう

・そのありがとうが日々のありがとうになるように

 

 

 

と、そんな感じで昨日は寝てました。

 

それではチャオ!

 

20171216

 

星野勝太

 

 

 

 

毎日が戦争

こんばんは

 

Facebookで

Think Universalカルタなるものを

調子にのって始めてみたおかげで

 

ブログの更新を怠っています。

 

どうせ、そんな人間です。僕は。

 

 

でも、、今日はブログな気分。

僕は毎日電車に乗ります。

朝早く、夜はほどほどの時間に

 

でも、都心から郊外に向かって乗車しているので

あまりラッシュは巡り合いません。でも、でも

 

電車に乗っていると毎日が戦争みたいな

すごーーく怖い顔している人達に会います。

 

扉が開けばダッシュ!

開いてる席にダイブ!

扉が開けばダッシュ!

階段駆け上がりクライム!

 

なんでそんなに怖いフェイス!

 

深呼吸する時間があるといいなと思う。

 

 

20171204

 

星野勝太

 

40

こんばんは

 

今日は誕生日なんです。

今日は僕の誕生日なんですって。

そして、今日は誰かの誕生日なんです。

 

ってことで毎日誰かの誕生日なんですね。

あらためて気づきました。

みなさんおめでとうございます。

 

今日で40歳になりました。

 

一つの区切りな気がしますね。

これからも笑っているだけですが

よろしくお願いできればうれしいです。

 

20171130

 

星野勝太

何日ぶりか

こんばんは

忙しいを理由にとっても楽しいブログを更新してませんでした。

残念。

 

 

さて、昨日はUbdobeさん主催の

 

SocialFunk2017

 

に参戦してきました!

 

何?それ?おいしいの?

って思う方もいるかもしれませんが

 

はい。美味しいです。

 

 

「障害」をテーマにしたクラブイベントです。

場所は渋谷vision(かなり大きな箱です)

 

そこで

あの大沢伸一がDJプレイしたり

UQiYOさんがプレイしたりと

カッコイイことだらけのイベント

 

そしてなりより凄いのが

 

いつもはクラブに縁がない方たちがいっぱい来ていたこと

(別にクラブを好きになって欲しいわけではないです)

 

普段なら行くこともないところに行ける。行こうと思う。

 

それだけで素敵じゃないですか。

そして、中でやってることが面白い!

 

すげーよかったのが

サイレントDJ & 手話バー

手話でないとお酒の注文が出来ないの。マジ。

手話知らないし。まっでも何とかなるだろうと思い

行ってみると、いきなりヘッドホン!!無音にするためかと思いきや

気持ちい音楽が!(音で音を消してるの!おしゃれ!)

 

自分の声を聴けなくするとしゃべれなくなるのね。

なので、急に不安になるの伝わってるのかな?って

 

でも、大型モニターにお酒の名前に手話を流していて

それを真似れば注文できるって方法がまたいい。

 

一生懸命見て覚えないとできない。

毎回違うお酒の飲みたい場合は毎回覚えないといけない。

(おーー、ポジティブスタディーだ)

 

それ以外にも、ダンスフロアには白杖も持って踊っている人

(結構激しく体ゆらしてて気持ちよさそうだった)

電動車いすに乗りながらDJやってる人

 

ダイバーシティ―な感じがしました。

 

この会場にすら来れない方もいっぱいる

それでも、この会場の中ピースフルな感じで

とても素敵だったし気持ちよかった。

 

なにせ久しぶりに音を体で感じて若返ったよ~

 

 

あっそうだ!

 

高校の後輩がなんとバンドで出演!

(初めて会ったのに私はちょーー偉そうに上から目線で話してました。私は最低なやつです)

 

とにかく、楽しいを体感した一日でした。

 

20171127

 

星野勝太

 

 

やっぱり笑顔が好き

こんばんは!

もう一回言おう、こんばんは!

 

今日は寝ずにパソコンに向かっています。

 

自分の一番好きなところは?

と聞かれたら「笑顔」を即答します。

 

自分の笑顔は好きです。

 

でも、他の人の笑顔の方がもっと好きです。
(どこかの引越し屋さん風)

 

誰かに笑ってもらえたら最高の日になる。

そんな日を少しずつ増やしていこう。

 

20171123

星野勝太

連日の朝

おはようございます。
なんなら、もうそこそこの時間。

私はもう、夜に文章を書けない男になりました。(嘘)

ただただ、寝ちゃってるだけ

はて、今日は防災、災害のお話
災害大国日本において

災害が日本人の文化を作ってきたこともあるように思える
たとえば
助け合い

順序

譲り合い

利他
大きな災害があると

このことを取り上げてすばらしい!

とみんなが言っている。

(本当にそう思います。凄い!)
はて、そんななか

日常ではどうなんだろう?
毎日の通勤帰宅電車

街中での歩き方
助け合い?

順序?

譲り合い?

利他?
ほとんど皆無です。
それは何故か?

困って居るとこに気付いていないから?

いや、ちがう
自分が困ってないからかも
もともと、日本人は利己主義なんでは

災害時は自分が困っているから

他も人も困ってる
日常では困っていないから

他の人も困っていない
じつは自分中心

全然それで良いと思います。

まずは自分が中心に無いと軸がぶれちゃうから
ただ、そこに

想像力をたしてはどうだろう
もしかしたら?
この一つの考えで

世界は変わると思う

声なき声に耳を傾ける

(想像する)

本当に困っている人ほど

声が出せていないものだ
今日はいろんな声を想像してみてはどうだろう?

20171123
星野勝太

カウンターバランス

おはようございます。

とても寒い朝です。

そう!朝です。

昨日は寝ました!
とうとうブログ書かないで寝ました!

やったー!
これで、毎日書くぞ!プレッシャーから解放だ!

それはさておき、題名の「カウンターバランス」ですが少し前に食事会で少し話題になりそれから、ずーっと気になっているのです。

で、何のことかと言うと
社会におけるマイノリティの認知度向上
において必要な事は何だろうかと話したときに
低いものを高いところに上げるためには天秤のようにカウンターバランスが必要なのでは?と。

障害分野で言えば
パラリンピアンや、アーティスト
などのスペシャリストが輝くことで
全体の認知度が向上していくよねと

む、む、む
理屈は理解できる

でも、僕にはしっくりこない

現実、そうでは無いことが多すぎるからか

障害分野に限らず
スペシャリストはごく少数

まさにスペシャリストなので
そう言う人たちがカウンターバランスとなり
全体の認知度が上がるのか?

人はそれぞれ
頑張れる人もいれば
頑張れない人もいる

強い人もいれば
弱い人もいる

カッコいい人もいれば
カッコ悪い人もいる

といった事が
本当にカウンターバランスによって

理解出来るのか?
新たな誤解を生まないか?
(ただ、新しいチャレンジによる誤解はある程度しょうがないと思ってる)

ただ
どんなことであろうと
何かを動いていくときに
誤解や反対はつきもの

それだけの覚悟が
まだないだけかも

20171121

星野勝太

Music

こんばんは

 

 

今日は書くことないのです。

なので、私の音楽の趣味について少し

高校時代は主にブラックミュージックの特にR&B

(時代はTLC全盛期!)

大学時代はMONDOGROSSOから入り

acidJAZZ~JAZZHOUSE~DEEPHOUSE~SOULCLASSICS

特に大沢伸一がJ-WAVEで土曜夜にやっていたラジオは欠かさずにエアチェックしてました。

(その後の沖野修也のも聞いてたよ~)

 

ってことで懐かしくなり

YOUTUBEでいろいろ聞いてたら

 

RonnyJordanがあったので聞いてる。

(そういえば残念なことに亡くたってしまったとのこと。)

 

大学時代はTalkin’ LoudのCDを中古で格安で購入し

知らないミュージシャンでもとにかく聞きまくっていました。

 

その後、今は亡きFrankie Knucklesを知りDEEPHOUSEに

はまったのです。

 

ホイットニーヒューストンのMillion Dollar BilのREMIXを聞いて

鳥肌が立ったのを今でも覚えています。

(西麻布のYELLOWに来た時に行って握手してもらったんだ。)

(この二人とも今はこの世界にいないことが寂しい)

 

今日はゆっくりと昔聞いていた曲を聴きながら眠りにつこう。

おやすみなさい。

 

 

20171120

 

星野勝太